2019年08月02日

「キネマの天地」という映画をみた。

良かった。 とにかく良かった。


大量の涙が出た。 映画のタイトルは  「 キネマの天地 」


レンタルDVDで、もちろん邦画である。


結論から言うと、最高傑作の一言!!!


深夜3時に42歳の私は泣いた。 大泣きである。


そしてとてもすっきりした。 


もう一度言わせて頂く。 誰が何と言おうと、この作品は最高傑作である。


なぜだろう。   こんなに泣くのは久しぶりだ。


私が仕事で疲れていたからなのかもしれない。


映画を見るのも、久しぶりだったからかもしれない。


涙。 鼻紙ティッシュ何枚使ったことか!!


見終わった後、


私は 涙が出たタイミングはどこだったっけ? と考えてみた。



今は亡き、 寅さん  渥美清さんが主人公のお父さん役をしている。


上手い!寅さんしか知らない人は、この作品を見たら 渥美清さんのすごさが分かると思う。


この渥美清さんの 手にキャラメルが落ちたシーン なぜか 私の目に涙が溢れたように思うのだ。


とにかく良い! 最高だ。


このえいがは、映画館をテーマにした映画である。


映画館、最近行っていないな。


3歳の息子が、仮面ライダー見に行きたいと言っていたのを思い出した。


よし、一緒に映画館この夏休み、行ってみるとするか。


yumenokayoiji5277 at 01:08|この記事のURLComments(0)
ギャラリー